老人ホームの種類を知りメリットを比較する

男女

老人ホームの選び方

車椅子の男性と女性

高齢化社会が進む日本では今、老人ホームが注目されています。大事な身内をどの施設に入れるか悩んでいる人は多いのです。老人ホームとは、身内の高齢者を介護する時間がない人に代わって、高齢者を預かり日常生活の世話をする施設のことです。一言で「老人ホーム」といっても、たくさん種類のある高齢者入所施設の総称です。老人ホームには大きく分けると3つのジャンルがあります。まず1つめが、入居する人の身体の状態は関係なく、部屋を選ぶことができる「混在型」です。このタイプが最も多く存在し、一般的に老人ホームと認知されている形です。集団生活なので入居者同士が仲良くなったり助けあったりして家庭的な雰囲気が好きな方にはおすすめです。2つめが、認知症の有無や身体介護によって住み分けしている「グループケア型」です。同じ介護が必要な人達での生活なので、精神的に落ち着いて暮らすことができます。施設によっては食事やレクレーションを一緒に行ないます。3つめに、要介護のレベルごとにグループ分けをし、担当者が付き専門的なケアを行う「ユニットケア」です。こちらのメリットは、一定期間同じ人に介護してもらい次の担当者に引き継ぐので、高齢者は個人のペースでケアしてもらえます。
それぞれにメリット、デメリットがあるので入居する人の状態や家族の条件で決めます。また予算額も老人ホーム選びの際には重要になってきます。事前にインターネット等でどのような施設があるか確認しておく必要があるでしょう。

選ぶポイントについて

食事する男性と介護士

門真で老人ホームを選ぶ際には、慎重に無理のない計画づくりをすることが大事になります。家族の希望条件と資金にあった施設を探しましょう。そうすることで快適な老人ホーム生活をおくることができるのです。

もっと読む

効率の良いソフト

会社

介護サービス事業者が介護保険や公費を請求するには、給付データの提出が必要です。書類提出や手続きには手間がかかります。保険請求まですべて1つでできる国保中央会介護伝送ソフトを使ってスムーズに行ないましょう。

もっと読む

職場の環境を良くする

PC

介護事業を経営するにあたって介護システムを導入することがとても重要になります。事務作業や利用者の状態の管理が一括ででき、その分他の仕事に集中できるので効率が格段に上がります。

もっと読む